せどりと温泉と下道のススメ(福井県 九頭竜温泉)

どーも、コンソメです(*´ω`*)

 

今日は先日遠征時に立ち寄った、福井県の九頭竜温泉の記事になります。

 

温泉好きの方は是非ご覧になってください^^

 

福井県 九頭竜温泉(平成の湯)

 

そもそも、今回の遠征は、結構移動しまくりました。

岐阜行って、滋賀行って、福井行って、また岐阜に戻って最後に愛知って感じw

 

で、このルート、福井県のあたりから、岐阜の高山~下呂にかけて温泉が沢山あるんですよ。もう仕入れ中誘惑が強すぎて自制するのに必死w

 

で、今回の九頭竜温泉平成の湯っていうのは、前の遠征時から気になってまして。

ちょうど福井県の大野市から岐阜の郡上に抜ける、国道158号沿いにあるので、通ると絶対気になっちゃう。

国道から温泉の看板を入ると、写真の建物があります。

駐車場は無料で広いので快適な環境です。

入ると自動券売機があって、立ち寄り湯の500円を買います。

地元の人は400円になってましたね。もっと安くしてあげればいいのに。

内湯と露天とあるんですが、ここの温泉は露天風呂がよかったです。

 

露天風呂は写真のように、岩風呂と壺風呂と2種類あります。

 

僕は独り占めできる壺風呂が大好きなんですが、

入浴している人も少なく、ほぼ貸し切り状態だったので

内湯、露天ともにほとんど独り占めって感じで最高でした。

 

泉質なんですが、アルカリ性単純温泉で、源泉は低温の為加温しているようです。

 

160ℓ/分で、温泉が出てきているので湯量は豊富みたいですね。

 

お湯はほとんど色は分からず、ほぼ透明なんじゃないでしょうか。ニオイはわずかに硫黄臭を感じましたが、ほぼわからないレベルです。

 

入ると、ヌルっと感じる泉質で、榊原温泉や池田温泉までいかないけど、結構泉質がいいと思います。お肌ツルツルになる泉質ですね。

 

どちらも循環ろ過なんですが、自分が入った感じでは露天のほうが硫黄臭がして、さらにヌメリも強く感じました。

 

出た後はお決まりのコーヒー牛乳を飲んでとw

もちろん腰に手を当てて♪

 

この日は暑かったのもあり、湯上り後はずっと汗だく・・・。

また温泉に入りたくなってしまいました苦笑

 

ドライブ 国道158号 県道90号

以前、美山森林温泉の記事で書いたのですが、

やっぱり国道158号線はいつ走っても気持ちいいです。

車が本当に少ないし、山や畑の風景を見ながら気持ちよく走れる道です。

 

で、今回は、R158で郡上市についてから、高山方面に北上したんですが、

 

最後、飛騨の古川に抜ける県道90号を走りました。

この道は、さらに車が走っていなくて最高でしたw

写真はGoogleマップからなので、紅葉してますが、

雰囲気はこんな感じで、ちょっと寂しくなるぐらいの

交通量です。

 

途中道の駅で、みたらし団子を食べたり・・・

仕事の合間の癒されるひと時でした(*´ω`*)

 

郡上方面から、高山市ではなく、古川に抜ける際は是非走ってみてください。

 

道中で仕入れたモノ

 

道中のローソンで。

http://mnrate.com/item/aid/B006Z1NUKK

410円⇒1300円

 

田舎の方のコンビニにはちょろちょろ仕入れ商品が眠ってたりします。

 

食事やトイレで立ち寄った時は、しっかり横目で見るようにしましょうw

 

それではまた!

今日もあなたとの縁に感謝!!


《 コンソメを応援する! 》

沢山の方にこのブログが読んでいただけるよう、応援クリックをお願いします!!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

↑本日の応援ありがとうございます!m(__)m


《 コンソメに問い合わせる 》

せどりをはじめたいけど、何から始めたらいいのかわからない、やり始めたけど全然仕入れられない、ブログでこんな事を書いて欲しい・・・etc。

そんな方は、お気軽にコンソメまでメールで問合せてください^^

一歩勇気を出して、僕も人生が変わりました。
ですので、今度は、あなたの人生を豊かにするキッカケになれたらと思っています。

すぐにお返事出来ない事もありますが、必ずお返事させて頂きます。

コンソメへのお問い合わせはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

水谷 俊一

愛知県在住♂。実店舗での新品・中古仕入スタイル。せどりを始めて7ヶ月で月商200万、月収70万を達成。現在はもう一つのビジネスをしつつ利益率40%を維持し、せどりだけで毎月50~60万を安定して稼ぐ。世の中のサラリーマンに自分の人生を掴み取って欲しいとの思いからこのブログをスタート。