片道700キロ、8時間。

こんばんは、水谷です!

 

今週は14日(火)に
仙台でグルコンがあるので

 

少し早いんですが、
本日から名古屋を出て
仕入れしながらゆっくりと
北上しております。

 

 

自宅からナビで仙台の
集合場所を入れてみたんですが、

 

片道700キロ、
休憩なしで8時間という
ここ最近見たことない数字が出てきました。

 

一つ意外だったのは、東名で太平洋側から
行くのが一番早いと思っていたのですが

 

中央道で長野から群馬を抜ける道を
ナビが選んできました。

 

確かに日本地図見ると、愛知県からだと
そっちのほうが直線距離なんですよねー

 

東名の方から行くと、一回海側に
下がらないといけないから、
遠回りになる感じなんですよ。

 

この距離はさすがに
オール下道は厳しいかな(笑)

 

下道マニアとしては出来る限り下道で
いきたい気持ちを抑えつつ

時間見ながら、高速絡めながら
宮城県まで向かおうと思います。

 

でも、
知らない道、
知らない町を走るのは
本当にワクワクしますよね。

 

いつものごとく、
ノーマルタイヤでいくので
福島、宮城あたりが雪が
降らないことを願います、、汗

 

 

 

全く話は変わるんですが、

 

昨日こんなメッセージを
読者さんから頂きました。

 

この年代になるとサラリーマンとして
働いてもそこまでいい生活が出来るわけ
ではない給料しか貰えない状態です…

そこで副業しかないかと思い
拝見させて頂いたのですが、
何から始めようかという状態です。

このような方法からとかあれば
ご教示いただければ幸いです。

 

Mさん、メッセージありがとうございました。

個別にお返事させて頂いておりますので
ご確認ください。

 

 

今の現状を変えたい。

今の現状に不安。

 

生活費を補填する為に
昔、僕がとった手段は深夜のバイトでした。

 

もちろん、会社は副業禁止だから
仕事終わってから内緒でバイトして
毎年、自分で年末調整してました。

 

その当時はまだ30代前半だったのもあって
全然頑張ることが出来たんだけど、

 

40過ぎたらかなり厳しいものがある。
気持ちはあっても体がついていかない。

 

でも、そういう手段しか
思い浮かばなかったんですよ。

 

資金力があれば、不動産投資とかもあるけど
投資できるほどの資金も度胸もない。

 

で、ヤバイヤバイと言いながら
時間だけが過ぎ去っていってました。

 

 

僕は模索している中、
せどりという転売ビジネスに出会えて
本当に人生が変わりました。

偶然でも知れたことを
本当にラッキーだと思ってます。

 

だからMさんが僕のサイトに辿り着いたのも、
きっと何かの縁だしラッキーだと思う。

 

若い人はともかく
なかなか僕ら世代の人間では
この業界を知る機会が少ないし
知っても飛び込もうと思わないから。

 

 

株とかFXとか、
価値があって無いようなモノより

 

最初は
価値がゼロになることはない、
モノ(物)を扱うのが間違いないと
断言出来ます。

 

株は儲ける人間は1%とか2%とか言う中
せどりは普通の人が10万とか20万稼ぐ
ことが出来ているのが現実です。

 

頭と体が遅れをとりがちな
そんな歳に突入し始めていますが

まだまだ一旗あげられるってことを
僕らが証明したいですね。

 

一緒にせどり、やりましょう!!

 

ではでは!


《 応援する! 》

沢山の方にこのブログが読んでいただけるよう、応援クリックをお願いします!!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

↑本日の応援ありがとうございます!m(__)m


《 問い合わせる 》

せどりをはじめたいけど、何から始めたらいいのかわからない、やり始めたけど全然仕入れられない、ブログでこんな事を書いて欲しい・・・etc。

そんな方は、お気軽にメールで問合せてください^^

一歩勇気を出して、僕も人生が変わりました。
ですので、今度は、あなたの人生を豊かにするキッカケになれたらと思っています。

すぐにお返事出来ない事もありますが、必ずお返事させて頂きます。

お問い合わせはこちら

水谷とSkypeしたいよ係


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

水谷 俊一

愛知県在住♂。実店舗での新品・中古仕入スタイル。せどりを始めて7ヶ月で月商200万、月収70万を達成。現在はもう一つのビジネスをしつつ利益率40%を維持し、せどりだけで毎月50~60万を安定して稼ぐ。世の中のサラリーマンに自分の人生を掴み取って欲しいとの思いからこのブログをスタート。