遠慮のカタマリ

どーも、コンソメです(*´ω`*)

 

先日、京都で仕事してたんですが、

やっぱり人間慣れというのは恐ろしいもので、

最初仕事で京都に行ったときは、

 

 

観光スポットを通るたびに

「おぉっ!金閣寺!」とか感動してたんですが、

半年も仕事で来ていると、

ほとんど感動しなくなっちゃいました、、、

(京都の人ゴメンナサイ)

 

やっぱり、京都は仕事で来るところじゃないっすねw

 

 

 

で、京都出張の際にお客さんと

夜飲みに繰り出したんですが、、

そんな呑みの席で見たコレ

「遠慮のカタマリ」

ですw

この写真以外にも、1個残ったお皿がほとんど。

知らない人の為にどういうものかと説明すると、、、

お皿にある食べ物が、最後の1個になると

みんな遠慮して手を付けない、というもの。

京都の方は、最後の1個を自分が食べるということに、

 

負けた感というか、恥ずかしいという感情があるそうで、

みんながそのプライドを持ってるから、

 

誰も最後の1個を取ろうとしない・・・という内容です。

 

ちょっとよく分かりませんが、、、

古の都の血が、そうさせるのでしょうね、、、w

まぁ、謙虚な姿勢、言わないこと、前に出ないことを美徳とする文化が日本には根付いているので、京都の方だけではないんでしょうけど。

で、色々理由を聞いてみたんですが、遠慮するだけじゃなく

「全部なくなるとお皿を机から下げられてしまうから、あえて1個残して長居する作戦」

というテクニック的な要素もあるそう。

なかなか面白いですw

 

 

、、、、飲みの話をしていると、いつまでも続きそうなので切りますが、、

ことビジネスの話に置き換えると、、、

この「遠慮のカタマリ」は全く要らないです。

遠慮は自分の成長を妨げる大きな要素になります。

何でもかんでも聞く、というのはちょっと違いますが、

コミュニティでも、分からないことを遠慮せずにどんどん質問する人は、やっぱり結果を出すのが早いです。

 

日本人の気質的に

「こんなこと聞いても大丈夫かな」とか

考えちゃうと思うんですが、そんなこと気にしてるうちに、ライバルに差をつけられるのがオチなんで、気にせずガンガン質問していきましょう。

ってことで、この写真を撮ってから

「遠慮のカタマリいただきます!」

と言って、最後のチキン南蛮をいただきましたw

そもそも遠慮の前に、残すことの方がモッタイナイし失礼でしょう、というのが僕のポリシーなので。

このポリシーのせいで、どんどん太ってしまうわけですが・・・。

でも、時間制限のバイキングに行ったときみたいに

「代金分、元取らないとモッタイナイ!」

というぐらいの気持ちでガッついた方が絶対最初はイイ。

ビジネスでは

「遠慮のカタマリ」は

無しでいきたいですね!

ではでは!


《 コンソメを応援する! 》

沢山の方にこのブログが読んでいただけるよう、応援クリックをお願いします!!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

↑本日の応援ありがとうございます!m(__)m


《 コンソメに問い合わせる 》

せどりをはじめたいけど、何から始めたらいいのかわからない、やり始めたけど全然仕入れられない、ブログでこんな事を書いて欲しい・・・etc。

そんな方は、お気軽にコンソメまでメールで問合せてください^^

一歩勇気を出して、僕も人生が変わりました。
ですので、今度は、あなたの人生を豊かにするキッカケになれたらと思っています。

すぐにお返事出来ない事もありますが、必ずお返事させて頂きます。

コンソメへのお問い合わせはこちら

コンソメとSkypeしたいよ係


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

水谷 俊一

愛知県在住♂。実店舗での新品・中古仕入スタイル。せどりを始めて7ヶ月で月商200万、月収70万を達成。現在はもう一つのビジネスをしつつ利益率40%を維持し、せどりだけで毎月50~60万を安定して稼ぐ。世の中のサラリーマンに自分の人生を掴み取って欲しいとの思いからこのブログをスタート。