Amazonの出品制限について

【水谷俊一千 公式メルマガ】登録特典


 

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
今日も応援お願いします!!!


 

こんばんは、水谷です。

 

先日の除湿器に引き続き
昨日はまたAmazonから
重要メールが届きましたね。

 

『Amazon怖えぇ、、、』

『家電のせどりオワタ。。。』

 

ざわざわ……ざわざわ……

 

 

各所でカイジばりの
ざわざわタイムに
突入している状態ですね。

 

まずは落ち着いてみる

 

とりあえず最近の
Amazonからのメールを整理すると
新たに制限がかかったのは

 

■除湿器

■電気ヒーター

■ヘアアイロン、ヘアドライヤー

 

上記の3つ。

 

ヘアアイロン、ヘアドライヤーなんて
割と家電量販店で処分してたりするので
縦に積んでしまっていた人は
多いんじゃないでしょうか。

 

僕的には該当の家電商品は
最近全く出品していないんですが

だから関係ないってことはなく

 

仕入れ出来る商材が
減るっていうのは
ビジネスやっているうえで
やっぱり痛いです。

 

 

こういうことが起こるたびに

 

“正規仕入れ”

“販路拡大”

 

とかいろんな発信者が
言い始めると思います。

 

でもそれはマウントトークなんで
とりあえずは落ち着きましょう。

 

Amazonだけで販売してる人は
Amazonでどうしていくのか
考えていくべきです。

 

販路拡大って言ったって
楽天、Yahoo!ショッピングとか
ワウマとかだって結局は
プラットフォームですからね。

 

確かに一時的に
リスクヘッジにはなるけど

 

コンプライアンス遵守なところは
いずれリーディングカンパニーに
右ならえ的になると思うんで。

 

こういった規制があっても
変わらず売り続けていくには
どうしたらいいか??

 

そういう思考でいきたいですよね。

 

電気用品安全法について

 

とりあえず、
電気用品安全法について
昨日いろいろ調べていたんですが

 

電気用品安全法によると
製造者と輸入者については
届出と自主点検が必要だけど

 

販売者は、特に届出は
いらないって書いてますね。

 

基準適合の証、いわゆる
PSEマークを確認できれば
販売届出無しで販売できるんです。

 

そこに特に書類は存在しないので
メーカーや問屋からそこらへんの
書類や画像もらったりすれば
今後も販売継続できるんじゃ
ないかなーと思ってます。

 

じゃないと、Amazonではメーカーしか
売れないことになっちゃいますから。

 

テクサポとかも聞いても
ここらへんまでは
把握できてない感じで

 

あくまで僕の勝手な
推測に過ぎないんですが。

 

とりあえず、
今後ASIN単位で申請する人が
沢山出てくるだろうから

 

いろいろまた情報も出てくるでしょう。
そこからどうなるか、って感じですね。
(他力本願w)

 

それまでは、該当商品の仕入れは様子見て
在庫は猶予期間に売り切っておきましょう。

 

また情報あればシェアさせてもらいます!

 

ではでは!


《 応援する! 》

沢山の方にこのブログが読んでいただけるよう、応援クリックをお願いします!!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

↑本日の応援ありがとうございます!m(__)m


《 問い合わせる 》

せどりをはじめたいけど、何から始めたらいいのかわからない、やり始めたけど全然仕入れられない、ブログでこんな事を書いて欲しい・・・etc。

そんな方は、お気軽にメールで問合せてください^^

一歩勇気を出して、僕も人生が変わりました。
ですので、今度は、あなたの人生を豊かにするキッカケになれたらと思っています。

すぐにお返事出来ない事もありますが、必ずお返事させて頂きます。

お問い合わせはこちら

水谷とSkypeしたいよ係


↓メルマガ登録はコチラ↓


 

 

 

LINE@登録で期間限定プレゼント!

LINE@に登録して頂いた方に、期間限定で

「過去に売れた高利益商品30!」
をプレゼントします!

PCの方はIDを検索してください。
ID:@inw3373i

スマホの方はこちらをクリック

↓↓↓↓↓↓
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

水谷 俊一千

愛知県在住♂。実店舗での新品・中古仕入スタイル。せどりを始めて7ヶ月で月商200万、月収70万を達成。現在は好きな時に温泉に行きつつ平均月収100万を維持してます。「経済的自由」と「家族との時間」の両立をするべく日々奮闘中! 詳しいプロフィールはこちら世の中のサラリーマンに自分の人生を掴み取って欲しいとの思いからこのブログをスタート。