Yahoo!ショッピングで最高日商を更新しました!

【水谷俊一公式メルマガ】登録特典


 

 

 

リベラ

君は美しい。

 

僕は完全に君の虜だ。

 

 

あぁ、リベラ…..

リベラァァァァーーー!!!

 

 

僕が虜になってるリベラ↓↓↓

 

スタイルフリーなリベラ(笑)

これ最近かなりハマってます。

 

脂肪の吸収を抑えるってところがいいっすね!

普通のもあるけど僕はビター派。

 

『半か丁か!!』

をやるぐらいのサイコロぐらいの
大きさのチョコが入ってます。

噛み応えもあっていいですよ。

 

僕はあまり甘いもの好きじゃないんですが
これは久々にヒットしました。

 

チョコレートは抗酸化作用があって
動脈硬化になりにくくなるって
言われてるんでおススメです。

 

 

 

 

 

話は全く変わるんですが、

 

「5の付く日」

とか

「ゾロ目の日」

でもないのに

 

昨日はYahoo!ショッピングが炸裂しました。

最高日商を更新です。
会社さんのまとめ買いがあったにせよ
この売り上げは嬉しいです。

 

 

僕の理想は、

 

“Amazonが無くなっても
毎月の稼ぎには困らない”

 

なので。

 

 

 

最近はメーカーや卸の開拓もかなり好調で
週に2件ぐらい企業との取引が増えていってます。

 

で、仕入れたものをAmazonじゃなくて
Yahoo!ショッピングメインで
自己発送で販売するっていうのがマイブーム。

 

自己発送とかにはかなり
マインドブロックがあったので
心境の変化には自分でも驚き。

 

やはり何事も自分でやってみないと
分からないなと実感しています。

 

 

 

今業界では、

脱せどりっていうか、
メーカー・卸の流れになってますよね。

 

 

安定した仕入れや、
製品の保証、プラットフォームの
方向性を考えると確かに必要だと思います。

 

でも中古とかは古物商あれば
特にメーカー・卸を開拓しなくてもできるし
まだまだせどりのニーズはあるんですけどね。

 

今のこの流れに少し違和感を感じるのは
突き詰めていくほど自分が好きなせどりから
乖離していくってことを感じるから。

 

安定仕入れだけになったら
もうすでに”せどり”じゃないから。

 

だから、僕は今、
自分の店舗せどりスタイルと

 

上流仕入れと言われるメーカー・卸仕入れを
上手くミックスさせた、ハイブリッドせどりを
目指そうとしています。

 

少しずつですが、結果として現れてきていて

メーカー・卸とも10社ほど契約に至ってます。

 

 

まだまだ店舗せどりはおわっちゃいないぜ!

って名古屋の中心からせどりを叫び続けていきます。

 

僕のこの小さい抗いを、
応援してくれる人は引き続き
メルマガ・ブログ読んでください(笑)

 

 

今年も泥臭く、
もがきながら一年歩んでいこうと思います。

 

今週末は寒波のピーク。

みなさん体調を崩さぬようお気を付けください。

 

 

ではでは良い週末を!

 


《 応援する! 》

沢山の方にこのブログが読んでいただけるよう、応援クリックをお願いします!!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

↑本日の応援ありがとうございます!m(__)m


《 問い合わせる 》

せどりをはじめたいけど、何から始めたらいいのかわからない、やり始めたけど全然仕入れられない、ブログでこんな事を書いて欲しい・・・etc。

そんな方は、お気軽にメールで問合せてください^^

一歩勇気を出して、僕も人生が変わりました。
ですので、今度は、あなたの人生を豊かにするキッカケになれたらと思っています。

すぐにお返事出来ない事もありますが、必ずお返事させて頂きます。

お問い合わせはこちら

水谷とSkypeしたいよ係


↓メルマガ登録はコチラ↓


 

 

 

LINE@登録で期間限定プレゼント!

LINE@に登録して頂いた方に、期間限定で

「過去に売れた高利益商品30!」
をプレゼントします!

PCの方はIDを検索してください。
ID:@inw3373i

スマホの方はこちらをクリック

↓↓↓↓↓↓
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

水谷 俊一

愛知県在住♂。実店舗での新品・中古仕入スタイル。せどりを始めて7ヶ月で月商200万、月収70万を達成。現在はもう一つのビジネスをしつつ利益率40%を維持し、せどりだけで毎月50~60万を安定して稼ぐ。世の中のサラリーマンに自分の人生を掴み取って欲しいとの思いからこのブログをスタート。