Amazon せまる長期在庫保管手数料

どーも、コンソメです(*´ω`*)

 

セラーセントラルのこの画面が気になる時期になってきました。

っていうか、余剰在庫多すぎ・・・((+_+))

 

で、8/15に課金される長期在庫保管手数料(以下長期保管料)を改めてみていたら、1商品ヤバイやつがありました。

 

そのまま放置していたら7000円弱ぐらい長期保管料を取られるっていう・・・。そんな金額取られたら赤字まっしぐらなので、それまでに売り切るか、一回返送するか対処していく必要があります(;´∀`)アチャー

 

そもそも、半年も売れない商品なんて仕入するなよっていうのはごもっともな意見です( ˘ω˘ )

 

もちろんそれが理想なんですが、ロングテールで売っていきたいっていう商品もあったり、自分の読みとは違って途中でAmazonが降臨してきたりで、こういった商品が発生するわけです。

 

2/15と8/15に実施されるので、8/15まではあと1ヶ月を過ぎました。

 

長期在庫になっている商品はしっかり確認し、価格、コメントなどの見直しをするようにしましょうね。で、もし売れそうになかったら長期保管料にもよりますけど、それなりの金額になるなら一回下げちゃったほうがいいです。

 

忘れないように気を付けましょう。

 

でも、これってある意味チャンスともとらえることが出来ると思います。

 

出品者によっては縦積みしすぎた長期保管商品を売り切りたいって思いが強いはずなので。

 

要は、いつもより大きく価格を下げてくるチャンスだと思うんです。

 

この年に2回の在庫一掃チェックは、Amazon刈り取りに有効な時期としても認識しておいたほうがいいかもしれないです。

 

ちょっと気にしてAmazon内のリサーチしてみましょう^^

 

ちょっと短いですが、今日は今から今年初のビアガーデンへ行くのでここらへんでw

 

宅飲みは封印中ですが、ビアガーデンはいいでしょう。今日は飲むぞーと、一人張り切っておりますw

 

自分の好きな、キリンのSTOUT(黒)が生で飲めるようで。楽しみ楽しみ~~~!!!

 

こういう楽しみもないとね。緊張しっぱなしはヤバイです。

 

それでは引き続き皆様も連休をゆっくりお過ごしください。

 

それではまた!今日もあなたとの縁に感謝!!


《 コンソメを応援する! 》

沢山の方にこのブログが読んでいただけるよう、応援クリックをお願いします!!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

↑本日の応援ありがとうございます!m(__)m


《 コンソメに問い合わせる 》

せどりをはじめたいけど、何から始めたらいいのかわからない、やり始めたけど全然仕入れられない、ブログでこんな事を書いて欲しい・・・etc。

そんな方は、お気軽にコンソメまでメールで問合せてください^^

一歩勇気を出して、僕も人生が変わりました。
ですので、今度は、あなたの人生を豊かにするキッカケになれたらと思っています。

すぐにお返事出来ない事もありますが、必ずお返事させて頂きます。

コンソメへのお問い合わせはこちら


↓メルマガ登録はコチラ↓



5つの特典をプレゼントさせていただきます。是非是非あなたのせどりにお役立てください^^

【5つの特典】
①:仕入れ動画2本
②:中古せどりで月に5万円稼ごう!
③:売り上げを加速させライバルよりも利益率をアップする方法。
④:旅せどりにゾッコン!
⑤:Amazonカタログ作成マニュアル

2 件のコメント

  • 長期在庫キツイですよねー。
    僕も同じくらい長期在庫あります。

    とにかく料金高いものは返送して自己配に変えたほうがよさそうなものは変更予定です^^

    • のぶーをさん、返信遅くなり申し訳ございません。
      ブログ拝見させていただきました。パチプロで経歴すさまじいですね!
      僕は人生で1000万ぐらい負けてると思います(T_T)

      金額高いものは、今月売り切れなければ全部下げて自己発送にしていく予定です。

      金額大きいやつは、場所取るやつなのでなるべく売っちゃいたいですね~w

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    水谷 俊一

    愛知県在住♂。実店舗での新品・中古仕入スタイル。せどりを始めて7ヶ月で月商200万、月収70万を達成。現在はもう一つのビジネスをしつつ利益率40%を維持し、せどりだけで毎月50~60万を安定して稼ぐ。世の中のサラリーマンに自分の人生を掴み取って欲しいとの思いからこのブログをスタート。